U20日本代表 JWRT第1戦 試合結果

芦屋ラグビースクールOBの徳田健太君が参加しているIRB ジュニア・ワールド・ラグビー・トロフィー(JWRT)2013の第1戦、U20日本代表対U20ウルグアイ代表は、30-8でU20日本代表が勝利をおさめました。徳田選手も後半28分から入替え出場し、勝利に貢献しています。

ジュニア・ワールド・ラグビー・トロフィー(JWRT)はA.B各プール4チームで争われ、各プールの1位同士が対戦し、そこで勝利を収めると、世界トップ12カ国が集うジュニア・ワールド・チャンピオンシップ(JWC)へ昇格することができます。

U20日本代表の第一関門はウルグアイ、トンガ、カナダとともに入ったプールBで1位になること。そして、プールAの1位に勝って(JWRTから降格してきたイタリアが本命)、念願のJWCをぜひ決めてもらいたいところです。

昨日の試合で、プールBのライバルと見られていたトンガが24-6でカナダに敗れるアップセット。U20日本代表の第2戦は現地6月1日11:00KO(日本時間6/1 24:00)。トンガのカナダ戦の敗戦によって、U20日本代表のプールB1位通過のために第2戦の対U20カナダ代表戦は非常に大切な試合になってきました。

頑張れU20日本代表!頑張れ、徳田選手!

tokuda

3,408 total views, 1 views today